« 梅雨の合間での散歩 | トップページ | 面白い自転車 »

2011年6月 3日 (金)

後、1島

先日の島旅の講演会について、概略を書いてみます。
この講演会は、3月から月1回、開催されています。
今回のテーマは、「絶海の孤島 8島」です。

4114s 5130ss 最初に、小笠原諸島の話がありました。
人が住んでいるのは、父島と母島です。
どちらも島に着くと歓迎がすごいです。
たくさんの人が出迎えてくれますし、帰りもたくさんの人が見送ってくれます。
特に、父島からの帰りは、たくさんの船が小笠を丸と並走して、最後には、その船から飛び込んで見送ってくれます。
6030s 6112s その人は、客船でなく、貨物船で行かれたとのことで、25時間のところ45時間かかったとの話でした。
また、大変揺れたとも話をされていました。
小笠原諸島は、東洋のガラパゴスということで、特異な動植物が存在するということで、今度、世界遺産に登録される可能性が強くなっています。

次は、口之島です。
1064s 1093s この島は、トカラ列島の鹿児島から船で、最初の島です。
トカラ列島は、火山帯の島々で、この島にも温泉があります。
また、戦後、アメリカ軍に占領された島でもありますが、ある緯度以上は、日本ということで、この島の北端の一部は、占領されなかったとのことで、そこから色々な物資がこの島へ持ち込まれて、生活されていたという歴史があるようです。
島の中央に、水が湧いているところがあり、そこが水汲み場であり、洗濯場にもなっていたようです。
また、この島には、野生の牛がいます。
残念ながら、私が行ったときには、見ることができませんでした。

次の飛島は、日本海にある島です。
渡り鳥の中継点となっていて、たくさんのバードウォッチヤーが行く島のようで、また、平安時代の人骨が出てきたという島でもあります。
古くから人が住んでいたようです。

次は、舳倉島です。
ここは、能登半島の沖合にある島で、ここもバードウォッチャーの島です。
大変平らな島で、今回のような津波が来ると全部、さらわれそうな島です。
小さな島に、いくつかの神社があり、それぞれ意味があるようです。
私の経験では、夜、道路で寝ころんで見た天の川が大変印象的な島でした。
車はなく、移動手段は、三輪車で、船が着くと荷物を引取りにやってきます。

0015 0024 0022

次は、青ケ島です。
S Dsc00005s 東京都の島で、この島の先には、小笠原諸島まで、有人島はありません。
ここへも小さな船で行かれたようです。
私は、ヘリコプターで行きましたので、楽でしたが、船の出航率は低く、大変なようです。
この島は、二重火山の島で、大規模噴火で、50年ほど、無人島になっていた島でもあります。
S_2 S_3 「ひんぎゃ」といわれている噴気が出ていて、昼食もその噴気で作ったものを食べました。
有線テレビがありました。
見てみると三宝港の映像が映っていました。
港までは、遠いので、行かなくても分かるようになっていました。

次は、見島です。
P1020615s どこにあるか分かりますか。
山口県の萩の沖にあります。
見島牛が有名です。
和牛の原形の牛のようです。
また、長男が誕生すると「鬼ヨーズ」という大きな凧を揚げるようです。

次は、口永良部島です。
ここは、屋久島の西にある島です。
ここには、温泉がたくさんあるという話でした。
この島だけは、まだ、行っていません。
7月末に出向く計画を立てています。
楽しみです。

最後は、南・北台東島です。
この島々は、まだ動いている島とのことです。
大昔、赤道近くにあったということです。
2493s また、この島々は、沖縄本島から東に400kmのところにありますが、文化圏は、八丈島の文化です。
それは、八丈島からの移民が開拓したからです。
お寿司も、大東寿司といって、サワラを醤油などのタレに漬け、酢飯に乗せて握った寿司です。
八丈島の味です。
この島々は、サンゴ礁の島々で、砂浜がなく、海岸から垂直に深い海となっていて、港が作れません。
2320s 2175s_2 船で来ると水夫が、潜って、海中の綱に錨を止めます。
乗客もクレーンで吊り上げられます。
漁船もそうです。
また、海水浴場がないので、海岸にプールが作られています。
したがって、満潮のときには、泳げません。
3092s2911ss  自然も豊かで、特異な動物がいます。
この犬は、大東犬です。
少し足が短いですね。
他にも、「ダイトウオオコウモリ」がいますが、パンダのようにかわいい姿をしています。
北大東島までの飛行機は、世界で一番短い距離の飛行機です。
離陸して、着陸まで2分くらいです。
本当にあっという間でした。
北大東島にも色々な見学場所がありますが、有名なのは、燐鉱石貯蔵庫跡です。
もうひとつは、長幕で、1200mも幕のように崖が続き、その一帯の植物群落は、国の天然記念物になっています。
3101s Dsc00061s 3181s

小さい写真をクリックすると大きくなります。
講演会の写真を撮ろうとしましたが、人が邪魔で、撮れませんでしたので、私が撮った写真を掲載しました。

|

« 梅雨の合間での散歩 | トップページ | 面白い自転車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

南大東島に泊まった時、ホテルの階段・廊下、部屋まで赤い絨毯が敷かれていました。「何故?」・・無人島だった大東島に八丈島から移民、その「100周年記念式典」に、皇太子と雅子さんが来島し!この部屋に泊まったそうです。歌の歌詞の様に「ザワワ・ザワワ」とサトウキビが風になびいていました。星野洞窟素晴らしかったです。ダイトウ・オオコウモリが、夕方、木の実をあさって飛び交っていました。
ネズミ以上の大きさでした。

投稿: 綾瀬トンちゃん | 2011年6月 4日 (土) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨の合間での散歩 | トップページ | 面白い自転車 »